環境マネジメントシステムの構築支援

21世紀は環境問題の対応なくしては、企業存続は不可能となりつつあります。

環境問題への対応を証明する環境マネジメントシステムの認証取得は、
企業存続の最低条件となっています。

田坂環境経営研究所では、次の代表的な3つの規格に対応する環境マネジメントシステムの構築と
認証取得支援に対応いたします。
また、ISO9001に基づく、品質マネジメントシステム構築支援も行っています。

ISO14001、エコアクション21、エコステージの特徴を比較表でまとめてみました。
EMS規格の比較表
(←をクリックしてください、PDFファイル)

ISO14001

国際標準化機構(ISO)制定の環境マネジメントシステムの国際規格。

ISO14001の認証取得は、国際取引を行う企業には必要不可欠です。
最も権威のある世界規模の認証制度です。日本では、既に2万件を超える認証が行われています。
ISO9001に基づく、品質マネジメントシステム構築支援も行っています。

エコアクション21

環境省が制定した環境経営規格。

ISO14001の要求事項をベースに、簡単な環境活動レポートを発行する点、環境パフォーマンス(実績)を重視している点が特徴です。2009年改訂で、要求事項が厳しくなりました。2009年版への対応も、しっかりとサポートします。

エコステージ

一般社団法人エコステージ協会制定の規格。

ステージ1からステージ5まで各企業のレベルに合わせた認証取得が可能。
ステージ2がISO14001と同等レベル。まずはステージ1から取組み、だんだんレベルアップしていける点が特徴です。

TOP > 環境マネジメントシステムの構築支援